ブログ

BLOG > Tradition > 一陽来復/
Tradition
2020.2.2

一陽来復

早稲田にある穴八幡宮に行ってきました。

商売繁盛の神様として金銀融通の御利益があると全国からお参りに来ています。私は、経営者の友人からの紹介で20年以上、こちらのお札を頒けて頂いております。

こちらのお札は冬至、大晦日、節分の24時にその年の恵方に向けて奉るというのが神様とのお約束になっています。

毎年、この限られた日時に予定を立て貼る位置をコンパスで決めています。

大晦日は家にいることが100%ないので、毎年冬至か節分にお奉りしているのですが、今年は節分の夜にお奉りします。

一陽来復は「陰極まって一陽を生ずる」「これ以上悪くなることはなく、良い方向に転じる」という意味があります。

さて、今年の恵方は申酉(真西から少し南寄りの方角になります。

白い台紙に両面テープを貼り準備が完了です。

後は節分を待つばかりです。